「和食」文化の推進をオール京都で

規約

(名称)
第1条 本会は,京都・和食文化推進会議(以下「推進会議」という。)と称する。

(目的)
第2条 推進会議は,「和食;日本人の伝統的な食文化」のユネスコ無形文化遺産登録を受け,京都における和食文化の情報発信・共有のための緩やかなプラットフォーム的組織として,オール京都で和食文化を推進することを目的とする。

(活動内容)
第3条 推進会議は,前条の目的を達成するため,趣旨に賛同する会員が実施する事業に加え,次に掲げる活動を行う。
(1)京都における和食文化の保護・継承・発展に携わる団体等のネットワーク化
(2)京都における和食文化の情報発信・共有の推進
(3)その他推進会議の目的を達成するために必要な活動

(会員)
第4条 推進会議は,第2条に規定する目的に賛同する団体,企業,個人を会員とする。

(共同代表)
第5条 推進会議に,会務を総理し,共同して推進会議を代表する共同代表を置く。
2 共同代表は,別表1の者とする。

(顧問)
第6条 推進会議に,顧問を置く。
2 顧問は,別表2の者とする。

(企画運営会議)
第7条 推進会議の運営を円滑に行うため,企画運営会議を置く。
2 企画運営会議は,別表3に掲げる委員で構成する。
3 企画運営会議は,推進会議の委任を受けて推進会議の活動に関する事項を審議し,決定する。
4 企画運営会議に,座長及び座長代理を置く。
5 座長は,委員の互選により選任し,座長代理は座長が指名する。
6 企画運営会議は,座長が招集する。

(報酬)
第8条 共同代表,顧問,企画運営会議委員は,無報酬とする。

(総会)
第9条 推進会議の総会(以下「総会」という。)は,定時総会及び臨時総会とし,定時総会は,年1回開催し,臨時総会は,共同代表が必要と認めたときに開催する。

(事務局)
第10条 推進会議及び企画運営会議の事務を処理するため,京都府企画理事付及び京都市文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課に事務局を置く。

(経費等)
第11条 会員の経費負担はないものとする。
2 推進会議の運営に要する経費は,原則として,京都府及び京都市が負担する。
3 前項の規定にかかわらず,会員の経費負担が必要な場合は,総会の決議を要するものとする。

(補則)
第12条 この規約に定めるもののほか,推進会議の活動に関し必要な事項は,共同代表が定める。

附 則
(施行期日)
この規約は,平成26年11月13日から施行する。

別表1(第5条関係)

氏 名 団体名・役職等
山田 啓二 京都府知事
門川 大作 京都市長
千  玄室 ユネスコ親善大使,茶道裏千家前家元
立石 義雄 京都商工会議所会頭
熊倉 功夫 「和食」文化の保護・継承国民会議会長,静岡文化芸術大学長
高橋 英一 京都府無形文化財「京料理」保持者

別表2(第6条関係)

氏 名 団体名・役職等
佐竹 力総 京都府料理生活衛生同業組合理事長
園部 平八 京都料理組合長
村田 吉弘 日本料理アカデミー理事長

別表3(第7条関係)

氏 名 団体名・役職等
岡本 圭司 日本料理文化博覧会実行委員会委員長(京都府商工労働観光部長)
糟谷 範子 京都市観光政策監
熊倉 功夫 「和食」文化の保護・継承国民会議会長,静岡文化芸術大学長
才寺 篤司 京都商工会議所産業振興部長
佐竹 力総 京都府料理生活衛生同業組合理事長
園部 平八 京都料理組合長
杉本 節子 「京の食文化」アドバイザー会議(仮称)代表,料理研究家
築山  崇 京都府立大学学長
伏木  亨 京都大学農学部研究科教授
本田 一泰 京都府企画理事(地域構想推進担当)
村田 吉弘 日本料理アカデミー理事長

PAGETOP
Copyright © 京都・和食文化推進会議 All Rights Reserved.